アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「弓道復帰への記録」のブログ記事

みんなの「弓道復帰への記録」ブログ

タイトル 日 時
射会に参加 : 「しらさぎ射会」
「晴れの舞台は稽古の如く、稽古は晴れの舞台の如く、射よ!」と云う教えがある。稽古で出来ていることが審査や射会でも出来るように心掛けるための教歌である。 練習の場でも晴れの場と心掛けて緊張感をもって練習していても、晴れの場はその緊張感が尋常ではなく、練習で出来ていたことがなかなか同じように晴れの場で出来るとは至難の業である。晴れの場でそれを可能にするには、晴れの場に出場する回数を多くして経験を積むことが必須である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/31 19:51
祝ブログ開設6周年!
ウェブリブログ事務局のまーさ氏から、ブログに登録してから、あと2日で6周年になります。と標題のメールが届きました。 この6年間にあなたのブログで生み出された訪問回数は・・・ 538531 件 になります。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/29 15:57
筋萎縮症の後遺症を克服
5年半前の2007年射初射会で、16kの弓が急に強くなって射ることができなくなってしまった。いいえ、弓が強くなったのでは無く、筋力が落ちて引けなくなってしまったのである。筋力が落ちた原因は、頚椎にある神経根に骨が当たって神経を圧迫し、運動神経の信号回路が遮断されて、右腕が動かせなくり、筋肉がやせ細ってしまったからである。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/07/23 10:02
昨日の部活で
三年生卒業アルバム用の写真撮影に師範も参加してほしいと顧問の先生から連絡を受けて、昨日の昼に某高校弓道場の部活に出向いた。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/10 23:02
部活の指導
部活の指導 「暑さ寒さは彼岸まで」といわれていますが、今年は3月20日のお彼岸を過ぎても暖かくなりません。春一番の南風が今年は吹かなかったからでしょうか?(春一番の定義は、地域が北海道、東北、沖縄以外で、立春から春分までの約45日間に吹く風で、風速が8m以上の南風で、3条件を満たした季節風)気象庁によると、関東地方では、2000年以来12年ぶりに「春一番」が観測されなかったと発表した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/26 09:59
「弓の強さ」について
弓の強さを表すのに昔は、矢摺籐の上部の厚みを測定して、尺貫法で何分何厘などといって弓の強さを言い表していた。同じ厚さの弓であっても強さは個体差があってアバウトな表現であった。現在は、引き尺(矢束)85pを並弓、90pを二寸伸弓、100pを四寸伸弓と呼称し、それぞれの引き尺をバネ秤で測定して強さをkgで言い表している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/01 22:16
第二回プチ稽古会
第二回プチ稽古会 有弓会の会長さんから研修会の案内が届き、明治神宮の中央弓道場で稽古した。 単独での一人稽古では自分に甘えがでるばかりでは無く、自分の姿や動作はリアルタイムで観ることができないから、正しい動作をやっているつもりでも、実際は間違っている場合が多々あるので、友人から稽古にお誘いがあることは大変ありがたいことである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/21 18:18
健康の三大要素+アルファ
高齢化社会を迎え、骨・関節の変性疾患(老化による疾患)が増加しているそうです。私も5年前(63歳)に、頚椎の骨に異状が発生し脊髄の神経を圧迫したことが原因で、右腕に力が入らず腕が上がらなくなる病気を発症した。病名は頚椎症性筋萎縮症で、頚椎の神経根が圧迫されて脳からの信号が神経に流れずに、右肩周辺の筋肉が萎縮していく病気である。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/19 14:37
「自分を見つめる」について
自分自身の顔は、自分では直接見ることは出来ない。それと同じように、自分自身の射も自分で直接見ることは出来ない。ビデオカメラで撮影した動画を再生して観ることはできるが、その動画の射は過去の映像であって、現在の射映ではない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/01 14:34
努力を惜しまずに努力する (加筆11月15日)
プロ野球のイチロー選手を世間では、彼は天才だと呼んでいる。だが、本人は「努力できることが才能であるならば、私にはその才能がある。」と語ったそうだ。これは素晴らしい言葉で、努力する才能は誰でもが持っていて、努力することを実行するかどうかである。私は「継続は力なり!」を信念とし何事にもあきらめない気持ちで、日々を前向きに生きる努力をしている。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/06 13:58
弓道は老化防止の運動に最適
人体の運動機能をつかさどる骨、関節、筋肉は、年を重ねるにしたがってさまざまな老化現象を引き起こす。老化による筋力の低下によって、歩行能力の低下や日常生活動作に制限が現れ、やがて間接に痛みが出るなどして更に運動機能が低下する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/25 20:19
「弓道復帰道中記(12)」:「近況報告」
「弓道復帰道中記(12)」:「近況報告」 10月25日に無指定審査が実施されたが、その審査委員に欠員があった為か実施日の一週間前になって養心のところへ県連から審査委員委嘱の通知書が届いた。 無指定審査では当日の矢渡しに替え審査委員五名にて模範演武(稽古着による審査の間合いでの行射)を行なうことになっている。通知書には、養心は実科委員を担当して模範演武も行うことになっていた。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 7

2009/11/09 20:08
「弓道復帰道中記(11)」:「等尺性筋収縮筋力」の筋トレ
「弓道復帰道中記(11)」:「等尺性筋収縮筋力」の筋トレ 右腕の筋力は、重量物(10kg以上)を持ち上げられないが、日常生活では何不自由無く腕を動かすことができるようになった。また、弓道では12kgの弓を自在に操り、射が安定し7割強の的中が得られるまでに快復してきている。 しかし、右肘の内側にある腱が突っ張る感覚と三角筋の一部がしびれていて、右腕を上げると肩の高さから上になると腕が重く感じる。また、13,5kgの弓を使うと、弓力に負けて「会」が浅くなり詰合いが不十分である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/08/03 21:48
「弓道復帰道中記(10)」:「弓力」と「体力」
「弓道復帰道中記(10)」:「弓力」と「体力」 「弓の抵抗力」以上の余分な力を使わずに弓を射ることを心掛けて稽古しているのだが、手術後のリハビリを兼ねてその時の体力より若干勝る弓力の弓を使っている。 ムチャをせずに少しムリをした負荷を掛けることで、今は12kg弱の弓でリハビリを兼ねた練習を行って丁度1ヶ月になる。この一ヶ月間の平均的中率が7割を超えた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 5

2009/07/01 10:09
「弓道復帰道中記(9)」:「百射会に参加」
「弓道復帰道中記(9)」:「百射会に参加」 手術してから2年後のMRI検査を4月13日に受けた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/06/08 19:14
「弓道復帰道中記(8)」:「復活の気配か?」
「弓道復帰道中記(8)」:「復活の気配か?」 4月5日(日):暖かな弓日和の一日で、市営弓道場の桜が満開となり、南風が吹くと矢道には桜の花吹雪となって、射場にも花びらが舞い込んでくる中で弦音が射場に響き、気持ち良く稽古ができて幸せ一杯である。こうしてふたたび弓を引くことが出来て、喜びが湧いて、感謝!感激!である。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/09 19:50
「弓道復帰道中記(7)」:「春を告げる様子」
冬の市営弓道場の矢道は芝が枯れて一面が薄茶色であるが、そこに芽吹いた雑草の若草色が目に映ってきて春の間近を感じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/02 11:50
坐射と立射について
的前行射に復帰して約六ヶ月になる。的前復帰を契機に初心に返って射場(道場)への入場から退場まで隙(すき)のない基本体の稽古を主眼として、基本の姿勢(自然体)の構えを崩さずに、基本の動作は呼吸に合わせ息合いを使って行い、無駄な動きを極力無くしながら合理的な運行を心掛け、誠を尽くして稽古を行ってきた。(初心不可忘) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/16 18:53
「弓道復帰道中記(6)」:「筋肉の再生」
「弓道復帰道中記(6)」:「筋肉の再生」 「プロテイン(protein)」とは日本語に訳すと、「タンパク質」という意味で、加工食品とか栄養補助食品という部類のサプリメントである。12月中旬からウイダーinプロテインのゼリーを飲食してきたが、「プロテイン」は補助食品として粉末の物が各種市販されている。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/02/04 21:08
80「弓道復帰道中記(5)」:「復帰目標の射影」
80「弓道復帰道中記(5)」:「復帰目標の射影」 グラス弓(実技7.8k)に遠的矢(AC22g)を番えて的前に立つようになって四ヶ月半が経過した。 健常者であったら弓の強さを上げている時期であるが、いまだに8k弱の弓を使っていて弓力を上げられない。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/12/31 20:12
75「弓道復帰道中記(4)」:「日々新たな感覚」
今月の当初は9k強の弓と8k弱の弓を併用して稽古していたが、筋力アップと射技向上を両立させての練習方法として弓を替えていては射技での肝心な引き分けから会での詰め合いと離れまでの感覚を養うことが難しいことに気づき、筋トレは自宅でダンベルを使ってやることにして、8k弱の弓では射技向上を主眼に稽古した。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/02 00:08
70「弓道復帰道中記(3)」
70「弓道復帰道中記(3)」 サブタイトル「一つ的坐射礼」 日本の山には一年を通して四季がある。春夏秋冬、季節ごとに美しい。 「春の山」⇒裾野の木々が芽吹く春の山、その様子は明るく微笑んでいるようで、「山笑う」。 「夏の山」⇒青々と茂る木々、光輝く青葉若葉が「露」に見えることから「山滴る(したたる)」。 「秋の山」⇒紅葉で彩られた秋の山、山が色づく様子を美しい着物を着た人に例えて「山粧う(よそおう)」「山装う」。他に「錦の着物」に例えた「紅葉の錦」や、「着物の裾」に例えた「裾模様」などと言う。 「冬の山」⇒木の葉を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/10/27 16:10
61「弓道復帰道中記(2)」
サブタイトル「体力に見合った弓?」 手術後のリハビリを行なってきて1年4ヶ月が経過した。 筋肉は落ちるのは早いけど、一度落ちた筋肉を元通りに戻すには時間と努力が必要だ。 セラバンドやダンベルを使用して筋トレを行なってきたが、負荷が大き過ぎると代償筋の筋肉が鍛えられて、かんじんの筋肉(筋力)が強くならないことが経験上理解できた。 最初はダンベルも300ccペットボトルに水を入れた軽い物を使って、どこの筋肉を鍛えているのかしっかりとその筋肉に意識を集中して行なわないと、その効果が少ない。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/01 14:49
59「弓道復帰道中記(1)」
サブタイトル「稽古初め」:20/08/14(木) 準備体操としてグラス弓(実技7k)で素引きを2回やってから、 さっそくユガケを挿して巻藁室へ向かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/18 21:03
58「弓道復帰道中記(1)」(前置)
首の頚椎内の神経を圧迫している骨を切除して神経への除圧手術(19/04/23)から約16ヶ月が経過した。 脊髄の神経根が圧迫されていたために末梢神経に流れる電気信号がOFF状態であったのが、術後のリハビリで末梢神経への電気信号が徐々にONとなり、更にリハビリと併せて筋トレに努めてきた結果、少しずつ少しずつではあるが筋力がついてきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/08/18 17:33

トップへ | みんなの「弓道復帰への記録」ブログ

養心弓道場 弓道復帰への記録のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる